spacer

みんなの学び舎 - NLPフォトリーディング コミュニティ/ NLP &フォトリーディング

 
シントピック・リーディングとは、同じテーマの本を複数冊読むことで、テーマに関する理解を深める読み方です。 複数の本を読むということは、さまざまな著者の視点から見たテーマについて知ることができ、それにより総合的に テーマに対する見方ができるようになります。 また同時に、自分なりの視点やテーマに対する考え方を持つことができるようになります。 【シントピック・リーディングの手順】 ステップ1 目標を設定する 「○○できるようになるために、×××(目的・目標)を達成する」 ステップ2 読む本のリストを作る ステップ3 アクティベーションの前日にすべての本をフォトリーディング...(続きを読む)

フォトリーディングのStep5、高速リーディングの段階で 本で得た知識を効果的にまとめ記憶する手法として、マインドマップが勧められています。 マインドマップとは、イギリスの教育者であるトニー・ブザンが開発した、頭を効率的に使う方法です。 頭の中で展開する思考を一枚の紙に収める事により、脳の力を引き出すことができます。 脳内では放射状に情報の伝達が行われることが知られており、 マインドマップはそのシステムやプロセスを反映した手法なのです。 そして、マインドマップは、アイデアを創造したり、ある事柄を記憶したり、議事録を記録したりする時に、 とても重宝できるスキルです。...(続きを読む)

フォトリーディングを学ぶと、次のような成果を得ることができます。 どんな本でも、3〜5分で、その要約を把握することができる。 多くの本から、10〜15分以内に、その中心的なアイディアを抽出することができる。 通常の読書に比較して、3分の1から、10分の1の時間で、読書を完了することができる。 新聞・雑誌等の記事でも、30秒〜60秒で、内容を把握することができる。 電子メールを早く処理できるようになる。 短時間で読んだ本でも、自信をもって、その内容について語れるようになれる。 フォトリーディングを習得することで得られる成果は大変大きなものですが、 実...(続きを読む)
フォトリーディングは従来の読書法とは全く異なります。 フォトリーディングでは、写真を撮るように毎秒約1ページのスピードで、本を読んでいきます。 1・2秒の間にどんどんとページをめくっていくその様子を初めて見た方は 「本当に理解できているのか?」と大変驚かれることでしょう。 私たちは、学校教育の中で「本を読む」ことは書かれている言葉を順に読んでいくことだと教わってきました。 そのため、すべての文字を順に読んでいかないと理解できない、というような固定観念を持っています。 しかし、そのような読み方をして、すべての情報をしっかりと記憶している と言える方はどのくらいいるでしょうか...(続きを読む)

フォトリーディングとは、よく言われる言葉で言えば「速読法」、 でも実はもっと深い、脳の仕組みを活用した「加速学習法」なのです。 フォトリーディングは、アメリカでポール・R・シーリィ氏が開発したものです。 ポール・R・シーリィ氏は最初、自身の読書スピードの遅さを克服するために速読法を学びました。 その速読法は彼に成果をもたらしたものの、目を早く動かして読む方法が苦痛になり、 結局学んだテクニックはほとんど使わなくなってしましました。 その後彼は、リーディング能力を飛躍的に伸ばす方法について自身で研究・開発を進め、 「人間の脳には、無意識のうちに視覚情報を処理する能力がある」...(続きを読む)


spacer
PAGE TOPへ