spacer

NLPフォトリーディング コミュニティ/ NLP &フォトリーディング

共に学ぶ仲間がいるから続けられる Genius Clubの使い方ガイドです
みんなの学び舎イメージ みんなの学び舎
NLP&フォトリーディングの学びを深めるための知識の場。
基本的な知識と、効用的な知識をご紹介しています。
おススメ本 おススメ本
NLP&フォトリーディングの学びを深める本をご紹介。
フォトリーディングする際のポイントもご紹介しています 。
みんなのブログ みんなのブログ
コミュニティーメンバーの交流の場
NLPやフォトリーディングに関してみんなで気軽に語り合える場です。セミナー参加者の感想も掲載しています。
コミュニティ広場 コミュニティ広場
NLP&フォトリーディングに関する質問
が書き込める掲示板です。NLP&フォトリーディング経験者からの回答も書きこめるユーザー同士の交流の場です。

フォトリーディングとは?


フォトリーディングとは、速読法の一種です。

フォトリーディングの基本的な考え方は、 「ページをイメージとして脳に取り込む速読法」です。フォトリーディングの開発は、
1985年にさかのぼり、神経言語プログラミング(NLP)や 加速学習の権威であるポール・シーリィによって、開発されました。

ポール・シーリィは、フォトリーディングだけではなくジーニアスコードを開発した人物で、
加速学習の業界でも、とても著名な人物として知られています。

このフォトリーディングと、これまでの速読法との違いは、 従来の速読法は、 眼球を動かすことによって、
速読を可能としていたのに対して、 フォトリーディングでは、イメージで文章を捉えることによって、 文章の全体像をつかみ、
その後、文章の要点や有益な情報を摘出する速読のテクニックだったことです。

 

フォトリーディングには、以下の5つのステップがあります。

■1、準備  ・・・ フォトリーディングをする為に、最適な精神状態になる。
           「みかん集中法」と呼ばれている読書をするときに、 最適な精神状態になる。    

■2、プレビュー  ・・・ 書籍全体を俯瞰することによって、情報を整理して、 フォトリーディングをした後に分かりやすくするための作業。

■3、フォトリーディング  ・・・ 1秒1ページのペースで、ページをめくっていき、情報処理の早い右脳を使って、情報を吸収していく。

■4、アクティベーション ・・・ フォトリーディングをおこなったことによって、右脳に蓄積された情報を、日常に使えるようにする。
                  無意識の中で、蓄積された情報を意識化する。

■5、高速リーディング  ・・・ 通常の読書と同じ速度で、書籍を読んでいく。 最初から最後まで、読む方法を取らずに、
                   必要に応じて、読む速度を変化させて読んでいく。  
    

また、フォトリーディングを学ぶことによって、 以下のような効果を得ることができるようになります。

■どんな本でも、3?5分で、書籍の要約をすることができる。
■ある領域に関する複数の関連本から、10?15分で、アイデアを生み出すことができる。
■書籍の読書の時間を10分?15分にすることができる。
■新聞・雑誌などの記事を30秒?60秒ほどで、内容を把握することができる。
■電子メールを早く処理することができる。
■社内の資料を、ひと通り読むことで、理解することができる。
■短期間で読んだ本でも、自信を持って、語ることができる。

このように、フォトリーディングはこれまで時間をかけていた文章の処理を より短時間にすることを可能とします。
フォトリーディングは、セミナー形式の集中講座と通信講座で、学ぶことができます。

spacer
PAGE TOPへ